本文へスキップ

電話でのお問い合わせは TEL.04-7167-8336

〒277-0032 千葉県柏市名戸ヶ谷687-4

医食同源

はちみつ

 今回は『ハチミツ』についてご紹介します。ハチミツは、はるか大昔から人類に貢献してきた代表的な甘味料で、過去には食料としてだけではなく、傷の治療や薬としても利用されてきたという歴史があります。今の時代どこででも簡単に手に入れることができるハチミツですが、かつては限られた人のみしか口に出来ない貴重な食品でもありました。
 ハチミツは砂糖とほぼ同等の甘さを誇っています。リンゴやメロン、梨などの果物も甘くておいしいですが、砂糖に匹敵するほどの甘さはありません。この秘密は、ハチミツに含まれる糖分が、他の甘味の効いた食べ物とは比べ物にならない程の種類があることにあります。数にして、25種類以上の糖分が、ハチミツには含まれているのです。この甘くておいしいハチミツは、もともとミツバチが集めた花の蜜で出来ているというのは、皆さんもご存知だと思います。しかし、花の蜜自体には糖分はそれ程含まれておらず、1割ほどなのでそんなに甘くはありません。では、なぜハチミツはあんなに甘くなるのでしょうか。その理由は、ミツバチが花の蜜を集める工程の中にあります。ミツバチは花の蜜を吸った後、蜜袋といわれる袋の中に溜めます。蜜袋に入れるとミツバチの消化液の成分であるインベルターゼという酵素が、花の蜜をブドウ糖や果糖に分解するので糖度が大きくなるのです。しかしこの時点ではまだ、ハチミツほどの糖度は得られていません。こうして作った蜜をミツバチの巣へ持っていき、保存します。すると巣の中はミツバチでいっぱいなので中の気温は高くなっており、ひとつひとつの部屋の中に入れられた蜜の水分が少しずつ蒸発することで、糖度の高い「ハチミツ」となるのです。
 次に、ハチミツには実際どのような成分が含まれ、どのような効果があるのかご紹介します。天然のハチミツは、ビタミンB1、B2、葉酸などのビタミン類、カルシウム、鉄をはじめ、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールや若返り効果があるといわれているパロチンなど、150を超える成分が含まれた栄養豊かな食品となっています。そして、ハチミツは動脈硬化を防ぐ働きがあります。この秘密はハチミツに含まれるコリンとカリウムにあります。コリンは、血管を拡張させて血圧を下げる働きと、血管壁への悪玉コレステロールの沈着を防いでくれる働きを持っています。カリウムは、塩分を取りすぎて高くなったナトリウムのバランスを整えてくれます。その結果、塩分の摂りすぎによる高血圧の予防につながります。他にも、整腸作用や脳の活性化、疲労回復や美容効果などの効能があります。
 疲労回復と言えば、運動の後にハチミツレモンを差し入れしている場面がよく見られますが、これは理にかなったことなのです。ハチミツは吸収が早く、すぐにエネルギーになってくれるという特徴があります。ハチミツに含まれる糖分、ブドウ糖と果糖は、それ以上分解する必要がないので短時間で身体に吸収されるのです。スポーツをした後は、疲れた体を回復させる為に、いち早く運動によって消耗されたエネルギー、水分、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、カルシウムなどを摂取することが基本となっています。スポーツの後に、ハチミツ入りのドリンクやハチミツ漬けのレモンなどを摂取するのは、疲労回復に効果的だったというわけです。胃への負担も少なく、高齢者や病気の方の栄養補給にも役立っています。
 また、ハチミツは料理でも様々な面で活躍します。お肉を加熱すると、固くなって、パサパサしてしまう時でも、ハチミツは、浸透性、吸収性、保湿性に優れている為、お肉にかけると、お肉の中へと浸透していき、お肉の組織が縮むのを防いでくれるので、加熱しても固くなりにくくなります。ハチミツが染み込んだお肉は、冷えても固くなりにくいのが特徴です。さらに、ハチミツの中の有機酸がお肉の保水性を良くして、肉汁が流れ出てしまうのを防いでくれます。ハチミツは加熱することによってカラメル化し、肉料理につややかな照りを出してくれます。ハチミツを塗ることによって、お肉がこんがりと美しく焼き上がるのです。他にも魚料理の臭みを消す働きもあります。
 気を付けなくてはならないのが、ハチミツは1歳未満の乳児には食べさせないようにすることです。容器にも表示されていますが、これは1987年に当時の厚生省から『蜂蜜製品を乳児に与えるべきではない』という指導がなされたことから、必ずハチミツには表示されるようになりました。ハチミツには、ボツリヌス菌がまれに眠った状態で含まれている場合があるためです。1歳を越えれば腸内の抵抗力が高まるため、例えボツリヌス菌の含まれたハチミツを食べても、体内で勝手に全滅してくれますが、乳児はまだ抵抗力が弱いため、このボツリヌス菌に感染してしまうのです。
 『良薬口に苦し』という言葉がありますが、ハチミツの場合は『良薬口に甘し』です。ハチミツは日常でも様々な場面で摂り入れることの出来る食材です。一生懸命に蜂が集めてくれた甘い蜜を味わって食べるのもまた格別なはずです。