本文へスキップ

電話でのお問い合わせは TEL.04-7167-8336

〒277-0084 千葉県柏市新柏2-1-1

診療科案内

当院小児科、小児外科の特色

  • 小児科と小児外科を併設しております
  • どの科を受診して良いか分からないお子さんは、
    まず小児科をご受診ください

当院小児科、小児外科の特徴

小児科の特徴

かぜ、嘔吐・下痢、腹痛、喘息などの一般的な病気をはじめ、乳幼児健診、予防接種、学校健診の心臓病や腎臓病の精密検査などを行います。必要に応じて、血液検査、迅速診断キット、細菌検査、画像診断により重病を見逃さない的確な診断につとめています。レントゲン、超音波(心エコー、腹部エコー)、CT、MRIなどの画像診断装置は最新鋭の器械が整備されています。 入院設備も充実しており、急病時の緊急入院も可能です。西棟の増築により、静かで、広くきれいな病室で治療できるようになりました。食事内容は栄養士が訪室し、ご相談しています。

またヘルニア、停留精巣、虫垂炎、外傷、熱傷などの外科の病気も、常勤の小児外科医が一緒に診察しています。院内には耳鼻科、眼科、泌尿器科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、形成外科があり、連携して診療していますので、どの科を受診したらよいかわからないときは、まず小児科へおいで下さい。

小児外科の特徴

小児外科では15歳以下のこどもの外科の病気を治療します。主な病気は、鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣(停留睾丸)、臍ヘルニア(でべそ)、包茎、肥厚性幽門狭窄症、便秘、肛門の病気(腫れ、しこり、血便)などです。 虫垂炎や腸重積、けが、やけど、異物などの救急疾患の治療も行います。

当院小児科・小児外科の主な診療疾患

胆道閉鎖症、鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、虫垂炎、腸重積、感冒・腹痛など小児全般

当院小児科、小児外科のスタッフ

小児外科部長 
 栗山 裕 
昭和55年 千葉大学医学部卒業 
医学博士
日本小児外科学会指導医
小児科部長
 石井 拓磨
平成2年旭川医科大学医学部卒業 
日本小児科学会専門医
義肢装具等適合判定医師
非常勤医師
 大橋 隆治
日本医科大学医学部小児科所属 

名戸ヶ谷病院名戸ヶ谷病院

〒277-0084
千葉県柏市新柏2-1-1
TEL 04-7167-8336
FAX 04-7163-7433