本文へスキップ

電話でのお問い合わせは TEL.04-7167-8336

〒277-0032 千葉県柏市名戸ヶ谷687-4

名戸ヶ谷研究所

健康長寿には運動器の健康が重要

 長寿大国日本において、死亡原因のいわゆる三大疾病(がん、心疾患、脳卒中)は、寝たきりの原因の上位を占めていません。 三大疾病だけを防ぐだけでは、寝たきり原因を防いだことにはならず、むしろ6〜7年と言われる寝たきり期間を延ばしてしまうことになります。
 寝たきり原因の多くを占める運動器の疾患を減らすことが重要です。

運動器の科学的な解明は始まったばかり

 運動器の中でも近年注目されているのは筋肉です。内分泌臓器として、単に体を動かすことだけでなく、動かすことによって他の臓器の健康維持にも関わっていることが分かってきました。 にもかかわらず筋肉の極度な老化を抑えることについては、科学的な研究が進んでおらず「適度な運動をする」程度にしか捉えられていません。

運動器に関する研究をしています

 本研究所では、その「適度な運動」を科学的に解明する研究を進めています。分子生物学的に具体的なメカニズムが解明できれば、無理も無駄もないリハビリテーションが期待できます。
 具体的には、体の細胞に存在する「メカノセンサー」と呼ばれるシステムが抗加齢に作用することを見いだしつつあり、有効なサプリメントや運動方法などに応用提案することも目指しています。 また、マッサージやヨガなどの健康効果も科学的に解明しようと研究を進めています。

研究所の設備

ほ乳類動物細胞の培養技術

  • マウスより組織細胞の採取
  • 遺伝子組み換え細胞の作成
  • 細胞に力を加える等の特殊培養
無菌操作用の実験室
マウス組織採取から初代培養も可能
(写真は本研究所で採取した
筋サテライト細胞データ)
個室により無菌操作による培養が可能

分子生物学的な基礎解析-1

  • PCR等により細胞へ導入する遺伝子作成
  • 細胞・マウス組織にあるタンパク質の活性分析
遺伝子組み換え実験に対する法的基準安全性に対する措置済み
分析用各種機器類の導入
有機化学実験用のドラフト 遺伝子組み換え実験のための
バイオハザード安全キャビネット

タンパク質の分析・解析も可能

分子生物学的な基礎解析-2

  • 特殊イメージング(顕微鏡)によるタンパク質解析
NIKON Ti-Eに二光子励起レーザーを導入



各種窓口

  • 寄附について
 名戸ヶ谷研究所では、学術研究や設備投資のため に企業や個人の皆様方から広く寄附金を受け入れ、 その成果を通じて社会貢献に役立てています。 皆様からの格別のご支援をお願い申し上げます。
 詳しくはパンフレットをご覧ください。
 お申込みはこちらになります。

  • 研究内容に関するお問い合わせ全般
主任研究員、原田までお願いいたします。
iharada@nadogaya.com

  • コンプライアンス通報窓口
論文の不正など、研究における行動規範に違反する不正行為の通報またはお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
メール:loco-jim@nadogaya.com
電話:04-7167-8336 (名戸ヶ谷病院内の名戸ヶ谷研究所コンプライアンス通報窓口宛)

名戸ヶ谷病院名戸ヶ谷病院

〒277-0032
千葉県柏市名戸ヶ谷687-4
TEL 04-7167-8336
FAX 04-7163-7433