「男性の更年期Jというと不思議に思う人が多いでしょう。しかし、「頭が重い」「肩や背中が、ひどくこる「会社に行く気がおきない」など、これまで「なまけ者」「ぜいたく病」と思われていた、年齢を重ねた労伐たちの潜しみが、立派な「更年期陣建」であることが明らかになってきました。
厳しい経済伏況、管理職としての責任、子供の教育や住宅ローン、家庭の問題など40・50歳代の男性たちは今、ストレスに囲まれています。
女性の更年期障害と同じように、ストレスと体内ホルモンのバランスの変化が「男性更年期障害」の主な原因です。そのため、これまで非常に健康的に生活していた方にも大いに起こりうる疾患なのです。
体がだるく、会社に行くのがおっくうになる。頭痛や手足のしびれが始まれば、「病気に違いない」 と病院へ。しかし、どこへ行っても「異常なし」。自分の体はどうなったのか。そんな方は「男性の更年期障害」を疑ってみてはどうでしょうか。
男性更年期障害は英語で「partical androgen deficiency in aging male」直訳すると「老化している男性から男性ホルモンがかたよって欠乏すること」と表現され、その頭文字からPADAMと表記されることもあります。
精神症状
身体症状
健康感の減少
不安
いらいら
うつ
不眠
集中力の低下
記憶力の低下
性欲の減少
筋力低下、筋肉痛
疲労感
ほてり、発汗
頭痛、めまい、耳鳴り
性機能低下
頻尿
Morning electionの消失
診療スタッフ紹介
経歴
非常勤講師 
  堀江 重郎
(ほりえ しげお)

帝京大学医学部付属病院泌尿器科教授
東京大学医学部卒業
日本泌尿器科学会専門医、指導医、評議員
日本腎臓学会専門医 日本性機能学会理事 日本EE学会評議員、日本癌治療学会、日本移植学会、日本分子生物学会等
米国泌尿器科学会、米国腎臓学会、国際泌尿器科学会、国際腎臓学会など