診療科・部門Departments

薬局

はじめに

名戸ヶ谷病院薬局は、医薬品の適正管理をはじめ、処方された薬について患者さんのベッドサイドにて説明させていただく服薬指導業務にも力を入れています。
病棟には担当薬剤師を配置して医師や看護師と連携を図り、また、委員会活動などを通じて多職種とも連携しチーム医療に参画しています。
抗がん剤や高カロリー輸液などの無菌混注業務、院内製剤の作成、医薬品情報の収集・管理も任され、調剤にとどまらず業務は多岐にわたります。
はじめに
はじめに

業務内容

調剤
薬局の主な業務として、内服薬や注射薬の調剤を行っています。電子カルテ・オーダリングシステムが導入されており、処方オーダーに連動して錠剤・散剤分包機が稼働しています。
これにより薬剤師はより安全・正確に業務を実施できるようになっています。
調剤
抗がん剤の調製
安全キャビネットを完備し、各診療科の化学療法に対応しています。
抗がん剤の調製
服薬指導
薬剤師が、患者さんや患者さんのご家族に対して処方薬の用法用量や起こりやすい副作用、その他留意事項などを説明します。医師や看護師と連携を図り、より適正な薬物治療をサポートしています。
医薬品の情報管理
日々更新される医薬品の情報を管理し、患者さんだけでなく医療従事者にも情報を提供しています。