診療科・部門Departments

X線TV・胃X線検診

X線TVとは透視という技術を用いて観察しながら撮影する技術で、特に胃や大腸をバリウムなどの造影剤を用いて観察・撮影します。近年胃がんに対するピロリ菌除菌の治療効果や検診の普及により、胃がんの罹患数は減少傾向にあります。しかし、依然として日本人のがん患者死亡原因の3位は胃がんとなっております。早期に胃がんを発見することで胃がんを治療することができ、予後も良いという事実は現在でも変わりません。当院放射線科は胃がんを早期に発見するために全国でも採用されている「日本消化器がん検診学会・基準撮影法」による撮影を徹底しております。どうぞ安心してバリウム検査をお受けください。
X線TV装置

X線TV装置

バリウム検査による早期胃がんX線写真

バリウム検査による早期胃がんX線写真

お願い

胃X線検診では「体位変換」といって、検査時には必ず体を回転していただく動作がございます。体動困難な状態であったり、誤嚥(むせてしまう)の危険があるご高齢の方は「内視鏡検査」を胃がん検診にはおすすめいたします。
また、妊娠の可能性のある方・妊娠されている方はバリウムの検査を受けていただくことはできません。検査予約の際にはお申し出ください。

当院の胃X線検診・人間ドックの特徴

  • 全国で採用されている日本消化器がん検診学会および胃X線精度管理機構による「基準撮影法」による精度の高い撮影
  • 消化器がん検診専門技師が所属
    日本消化器がん検診学会 胃がん検診専門技師 2名
    NPO胃X線精度管理機構 胃がんX線検診指導員 1名